今月の標語

2018年 12月 「言 は 肉 と な っ て 、 宿 ら れ た」 

 ヨハネによる福音書 1章 14 節

  12月 の 標 語

ヨ ハ ネ 福 音 書 に は 、 ク リ ス マ ス ら し い物 語 が あ り ま せ ん 。 で も「 イ エ ス 様 と は 、そ も そ も こ う い う 方 だ」と い う 強 い 思 いが 冒 頭 の ひ と 言 に 刻 印 さ れ て い ま す ―《初 め に》 。

そ し て《 言 が あ っ た》 と 続 く の で す が 、そ ん じ ょ そ こ ら の 言 の 葉 と は 違 う 、 言 葉の な か の 言 葉 を《言》と 表 現 し 、 そ れ がイ エ ス 様 に ほ か な ら な い と 宣 言 し て いる の で す 。 こ の 方 こ そ 、 み 言 葉 を 生 き 、み 言 葉 が 事 実 と な る 道 を 示 す 道 し る べだ か ら で す 。 そ し て 、 そ ん な 思 い が 凝 縮し て い る の が 14 節《言 が 肉 と な り 、 宿 られ た》な の で す 。

聖 書 で《肉》は 、 人 間 の こ と 、 そ れ も弱 さ を 抱 え た 人 間 の 現 実 を 指 し ま す 。 それ を 神 様 が「人 間 ら し さ」と 受 け 止 め てく だ さ っ て い る と い う こ と で も あ り ます 。 し か も 、 ど ん な に 安 定 し て い る よ うで も 、 じ つ は 脆 く て 壊 れ や す い わ た し たち の 暮 ら し 。 そ の た だ 中 に《宿 る》= 住み つ い て 離 れ な い 、 と い う 約 束 で す 。― 来 た り た ま え 、 わ れ ら の 主 よ 。