今月の標語

2019年 3月 「き ず だ ら け の 愛 」 

 ヨハネによる福音書 13章 1 節

  3月 の 標 語

弟 子 た ち と の 最 後 の 夜 、 イ エ ス 様 は 彼 らの こ と が 愛 ( い と)お し く て た ま ら ず 、 思わ ず そ の 足 を 洗 い 始 め た と 、 ヨ ハ ネ 福 音 書は 伝 え ま す 。 ホ コ リ ま み れ 、 泥 だ ら け 、 傷だ ら け の 足 を 拭 い な が ら 、 揺 れ る 思 い を 抱え て い た こ と で し ょ う 。 ガ リ ラ ヤ 伝 道 か ら3 年 、 日 々 寝 食 ・ 労 苦 を 共 に し て き た 仲 間へ の ね ぎ ら い と 感 謝 。 し か し 、 目 前 に 迫 る出 来 事 へ の 憂 い も … 。

果 た し て 弟 子 た ち は 、 イ エ ス 様 の 十 字 架に 打 ち ひ し が れ 、 自 己 嫌 悪 と 自 己不信 の どん 底 に 突 き 落 と さ れ ま す 。 し か し 、 そ こ から 何 と か 這 い上が り 、 や が て 〝 愛 に 歩 む 民〟 = 教 会 と い う 新 し い 生 き 方 を 見 つ け て いき ま す 。 あ の と き《こ の上な く 愛 し 抜 か れた》と い う 体 験 が 原 動 力 と な っ た か ら に ほか な り ま せ ん 。

た だ 、 イ エ ス 様 ご 自 身 は と 言 え ば 、 伝 道の 始 め か ら 、 い つ も 無 理 解 と 無 関 心 、 誤 解と 敵 意 に さ ら さ れ て い ま し た 。 ま る で 、 十字 架 の イ エ ス 様 が 負 っ た 無 数 の 傷 跡 の よ うに 。

あ の 洗 足 で 示 さ れ た 究 極 の 愛 。 そ れ は まさ に 〝 傷 だ ら け の 愛 〟 だ っ た の で す。